アルピニスト・スクール雪山装備表
スクール生は各自必ず下記の装備をそろえて下さい。 ★レンタル可能、☆条件付レンタル可能
各山行&講習会では登攀、アイスクライミング、幕営時の際に必要な装備を各自揃えて下さい。不明の場合はご相談下さい。
○・・・必ず △・・・必要時 
基本装備 品 目 数 量 備 考
雨具(ゴアテックス類) ゴアテックス類、ヤッケがあれば不要
ヤッケ上下 ゴアテックス類
化繊のズボン&上着 綿はなるべく避ける。セーター、フリース
化繊のシャツと下着上下 綿はダメ。必要な人は替えも
毛の手袋 3〜5双 厚手1〜2、中厚1〜2、薄手1
靴下(替え)
オーバー手袋 1〜2双 普通&アイス用=予備
アイス用手袋 1双 予備に
防寒帽子&目出帽
ロングスパッツ
登山靴(革・ナイロン) 防水性があり、靴底が反っていないもの
大ザック 60L以上 テント・バンガロー泊の場合。ザックカバーも?
小ザック 40〜50L 入るなら50LでもOK
携帯魔法瓶(テルモス) 紅茶・砂糖やお茶ティーパック。水筒は各自判断
ストック(ある人のみ) 各自判断。伸縮するもの
ヘッドランプ 電球の予備も。替え電池1組。長期の場合2組
地図・磁石・ルート図 カメラ・フィルム各自判断
トイレットペーパー・小物袋他 ビニール袋、防虫スプレー、持病薬、ライター
サングラス 日焼け止めクリーム、リップも
アイゼン 10本爪以上のタイプ。アイス時は不要?
ピッケル 50〜60cmまで。アイス時は不要?
ハーネス ディージーチェーンを付けて
安全環付カラビナ 3個以上 自由に使えるもの
カラビナ 3個     〃
テープスリング 各2本 60cm,120cm 縫い合わせてあるもの。7〜12mm幅
ツエルト 1張 各自。ビバーク用の小さな個人のもの。テント泊縦走時は不要。
登攀用具 ヌンチャク(エクスプレス) 3〜7 初級2本以上、中級5本以上。 アイス時は短いもの。
スリング・ヌンチャク 3〜5 岩登攀時は3〜5本。アイス時は半分。
ATC&ジジ&8環 各1個 懸垂下降が無い場合は8環不要。各安全環付カラビナ
ヘルメット
ロープ 8〜8.5mm×50m。フリーの岩場は9mm以上
アブミ 1セット 冬用。必要時。
バイル(ハンマー付) シャフトがほぼストレートの50cm位。雪稜、岩稜登攀時
スノーバー 必要時のみ
ワカン 必要時のみ
ハーケン・カム&ナッツ   〃     中級生以上
アイス用具 アイス・アックス 2本 アルパイン・アイスの場合はハンマーとブレードタイプ。
アイス用アイゼン アルパイン・アイスはアルパイン向きのアイス用で。
アイススクリュー 初級3本、中級5本以上。ギアラック&氷抜き道具も。ルート別。
幕営&食事 テント一式 各自マイテントを持参。テントマットも  共同テント時は不要
シェラフ シェラフカバーも(ゴアテックス)
マット ※インサルマットが便利。象足も
コンロ、ボンベ、コッヘル 食器・箸、スプーンも。各自自炊時。ボンベは1日×1本
昼食(行動食) 日数分
朝夕食 宿泊分
●共同装備類(ロープ、テント、コンロ、ボンベ、ツエルトなど)が不要の場合があります。不明の場合は確認してください。
●レンタル可能なものは、1日1品500円(テント一式&シュラフは1泊1千円)です。当日に担当ガイドにお支払いください。
●テント泊で共同自炊の場合は現地で、その分を背負って頂くことになります。
●荷物の軽量化のために共同テントを利用した場合は、1張1〜2千円÷人数をいただくことがあります。